大手金融の役割とは

日本の金融機関について

金融のインターン情報

金融の大手の役割とは

金融業界は大手メガバンクから証券など業内容は幅広く、社会的にも重要なポジションを占めています。お金の流れを司り、需要と供給のバランスを取っています。とくに企業にとって生命線となる資金や日々取引されている市場には莫大なお金が動いています。そのスピードは凄まじくまさにタイムイズマネーと例えられるのが分かります。海外へ送られたり、国内に入ってくるものも含め世界中で行き来しているのです。金融は私たちの生活にはあまり馴染みがないように感じますが、実はその全てと言ってよい程、身近なものなのです。普段使っているコンビニのポイントカードでさえ関わっているのです。

金融メガバンク

金融機関の大手のメガバンク

日本の金融機関の大手として3大メガバンクがあります。メガバンクはバブル崩壊後の銀行の再編成によって、大手の銀行どうしが合併して誕生しました。その結果として、今では3つのメガバンクのグループに分かれるようになっています。メガバンクでは国内の融資だけでは成長の機会が限られることから、海外への進出を積極的に進めている状況があります。メガバンクの中ではアメリカやアジアなどの金融機関を買収して、現地で銀行業務を開始しているところが出ています。また、メガバンクでは日本企業で海外展開をする際の融資においても、積極的に行っています。